伊豆木陣屋(長野)2014

  • 2014.11.09 Sunday
  • 06:17
伊豆木陣屋の遺構は、小笠原書院として現在も残っています。
説明員の方に書院の中を案内してもらいました。
身分の違いによる部屋の作られ方、座敷の座り位置など殿様の権威が想像できました。
また、書院だけしか残らなかった明治維新での大きな変動も感じました。
小笠原資料館は、著名な建築デザイナーが手掛けた建物です。
歴史を感じさせる書院、現代を象徴する小笠原資料館 対照的な建造物でした。
帰る時、建築科の高校生団体が見学に来ていました。
 
撮影日時:2014年11月5日(水) 撮影場所:書院・石垣
(大きな写真はこちらへ)
小笠原書院

 
 


 
小笠原資料館(設計:建築家ユニットSANAA 妹島和世・西沢立衛)


城タイプ:陣屋 / 別名:小笠原書院        
築城年:寛永初期(1624〜1634)/築城者:小笠原長巨
主要城主:小笠原氏 / 遺構:書院・石垣・移築城門  


藩名:信濃伊那郡伊豆木 旗本知行所/城主:小笠原兵庫助長裕 
禄高:1000万石 / 家格: 旗本 交代寄合衆(信濃衆)
 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

もう一つのブログ

歩いてみよう!
写真を撮りウォーキング

お城の写真集HP

旅行

旅行・トラベル

お買い物

楽天市場 ソニーストア エプソンダイレクト株式会社
タワーレコード

保険比較

価格.com 自動車保険 221616.com【ガリバー】中古車検索プログラム

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM