足守陣屋(岡山)_2014

  • 2014.07.12 Saturday
  • 23:22
広島で一人暮らしの息子のところへ行く途中に立ち寄りました。
豊臣秀吉の正室「北政所(ねね)」の系譜 木下家が足守藩主として、明治維新まで続いていました。
木下家は「豊臣」の称号も与えられていたそうです。
侍屋敷に掲げられている十一代藩主木下利徳が書いた「鶴雲」には、豊臣利徳書と記されています。
陣屋跡は、堀と石垣を残した公園になっていました。
国家老の侍屋敷が残っており、公開されており、管理人さんに案内してもらいました。
侍屋敷として 外壁の守り、建物の質素な造り、武家の質実剛健が見いだせる侍屋敷でした。
足守藩は、緒方洪庵 生誕の地でもあったのですね。
 
2014年 7月28日 / 撮影場所:堀・石垣・侍屋敷・近水園
(大きな写真はこちらへ)


足守藩 侍屋敷(国家老)
 
 
 
 
近水園(おみずえん)
 
 
緒方洪庵 生誕の地



城タイプ:陣屋 / 遺構:堀・石垣・侍屋敷・近水園
築城年代:寛文2年(1662年)〜延宝7年(1679年)     
築城者:木下利貞 / 主要城主:木下氏、浅野氏 
 

藩名:備中・足守藩 / 禄高:2万5千石  
家格:外 様  / 藩主:木下石見守利恭  
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

もう一つのブログ

歩いてみよう!
写真を撮りウォーキング

お城の写真集HP

旅行

旅行・トラベル

お買い物

楽天市場 ソニーストア エプソンダイレクト株式会社
タワーレコード

保険比較

価格.com 自動車保険 221616.com【ガリバー】中古車検索プログラム

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM